荘内銀行のサービス

南の島の沖縄銀行

荘内銀行のサービス

荘内銀行のリバースモーゲージ

高齢者が増え続けるこの日本で、今注目を浴びているのが高齢者向けローンのリバースモーゲージです。リバースモーゲージとは不動産を担保にするローンで、利用者の死後に不動産を売却して一括返済するという仕組みです。安定した収入などの諸条件が必要となる通常の銀行ローンは、特に退職後の高齢者にとってハードルが高いものですが、リバースモーゲージならそんな悩みを解決してくれます。

リバースモーゲージのメリットは、自宅さえ所有していれば退職金や年金に不自由する高齢者でも借りられるということです。さらに返済のタイミングも利用者が死亡か転居したときなので、生きている間の定期的な返済に不安がある場合でも安心です。さらにリバースモーゲージは貸越から返済までの期間が長いため、最大利用限度額を抑えている銀行が多いのですが、荘内銀行だと最高1億円というかなり高額の貸越が可能です。

しかし当然ながらリバースモーゲージにはデメリットもあります。たとえば自宅があっても借地の場合はリバースモーゲージの担保にできませんし、土地評価額が1000万円以下の場合も担保にできません。さらに荘内銀行は金利タイプが変動金利なので、利用期間が長いリバースモーゲージだと金利変動のリスクが高い傾向にあります。そもそも金利も高めに設定されています。

当然のことながら、死後に自宅を相続させたい場合にもリバースモーゲージは適していません。そのため多額の融資を必要としないのであれば、通常のフリーローンやカードローン、目的ローンなどを利用したほうが低リスクです。荘内銀行ではシニア向けローンも扱っているので、用途と必要額に応じて利用する商品を変えるのがオススメです。

※※ リバースモーゲージについて 「住替え、リバースモーゲージについて」
http://www.mlit.go.jp/common/000123003.pdf

top↑